限界ギリギリ渾身の力技で、しゃべくり、飛び、跳ねる
高橋 史生
takahashi fumio

プロフィール 出演作品 舞台写真

誕生日 07月25日
星座 獅子座
血液型 A型
出身地 宮城県仙台市
ブログ 高橋史生のやれやれな日々
◎アニメ
理由のひとつに、なんだかんだといったところで所詮はお子様向け(そして日本ではお子様向けより大人向けの方がエラい)と未だに思われているジャンルの中で「そんなんじゃ終わらせねぇ」という制作者の意地が垣間見えたりすることが多いってのがあるような。そんなことを部屋の掃除をしていて発掘した雑誌の富野由悠季監督インタビュー記事と、最近になってやっと観た「映画クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!戦国大合戦」を観て思った次第。
曲がりなりにも「作り手」側に立っている身としては襟を正そうと思うのです。

◎日本酒
多分なくなっても世の中の動き・大勢にさほど影響ない。でもずーっとあり続けている。伝統・文化。それは昔々よりその事(もの)を愛している人たちの必死の努力が紡いでいるんだろうな…と感じる。誰がどう云おうと世の中がどう変わろうと「だって愛してるんだもの」という人たちが造り続けていて。そういう想いを飲みたいというか。
ただおいしくって幸せ?ってことでいいんだろうけどね。

◎ベガルタ仙台
一応中学時代サッカー部だったんだけど、別に特別サッカーが特別好きな訳でもなく、キャプテン翼がはやってたとか、友達が結構入ってたからって理由でしかなく。
でも前回のJ1時代に奇妙な縁で見に行って、そういう縁て結構人生において面白いし大切にした方が幸せじゃない?的な感じで追っかけ続けていたり。
いや、マジで愛しています、おらが街のチーム。

◎登山
ってエラソーにいうほど登ってませんが。
途中で嫌になっても、やっぱり動かなきゃどうしようもないというのを実感させてくれるのが好き。途中で止めたらマジで命の危険にさらされる訳で。
普段の生活で「ここで手を抜いても別に死ぬ訳じゃないし」とか思っちゃうヘタレ野郎なので。
主なI.Q150の出演作品
1991. Aug 「寝物語」
Oct,Nov 「眠れぬ夜の羊は少年」
1992. Feb 「夢幻少女 −可憐な少女 よしえに捧ぐ−
Jul 「風が息をしている」
Sep 「月光夜曲」
Oct 「夜と朝のあいだに −あなたとわたしのための時間−
Dec 「夢幻少女 −可憐な少女 よしえに捧ぐ−
1993. Feb 「月光夜曲」
Jul 「風が息をしている」
Aug,Sep 「月光夜曲」
Dec 「夢幻少女 −可憐な少女 よしえに捧ぐ−
1994. Jan 「夢幻少女 −可憐な少女 よしえに捧ぐ−
Feb 「月光夜曲」
Mar 「月光夜曲」
Dec 「夢幻少女 −可憐な少女 よしえに捧ぐ−
1995. Jul 「星たちのメロディ 2」
Nov 「夢幻少女II −可憐な少女 よしえに捧ぐ−
1996. Nov,Dec 「新・月光夜曲」
1997. Feb,Mar 「新・月光夜曲」
Dec 「夢幻少女'97」
1998. Dec 「夢幻少女'98」
1999. Dec 「夢幻少女'99」
2000. Jan 「夢幻少女'99」
Oct 「シュガー・ドロップス」
2001. Jun,Jul 「シュガー・ドロップス」
Nov,Dec 「東仙台物語」
2002. Nov 「東仙台物語」
2003. Mar 「シュガー・ドロップス」
Apr 「東仙台物語」
Nov 「浮人形」
2004. Feb 「浮人形」
Jun〜Sep 「浮人形」
2005. Jun 「ひとりっ子倶楽部」
Nov 「浮人形」
2006. Oct 「大安吉日」
2010. Jun 「東仙台物語2010」
2012. Oct 「それでも明日はきっとくる」
2013. Jun 「それでも明日はきっとくる」