寝物語

作品概要 上演履歴 舞台映像

ストーリー
幾度生まれ変わっても巡りあう男と女の話。出逢っては別れ、離れても引き合い、求め合ってやまないふたり。
遠い昔に悲しい恋をした忠衡とお綾は、生まれ変わる度に出逢い、再び恋に落ちる。

「忠衡とお綾 雪のひとひらとなり 死して 桜のひとひらとなり 生まれ出ずる」
ひとこと
奥州藤原氏の実在の人物をベースにし、それに丹野の自由な発想が加わって、幻想的な美しい舞台に仕上がっており、若い層のみならず、かなりの年令層まで支持を広げた。
「パルテノン多摩小劇場フェスティバル七不思議 '91」の優勝作品となる。
上演日程 会場 ステージ数
1985. Aug. 2〜Sep.1 仙台 I.Q150スタジオ ※「寝物語<85年版>」 16ステージ
1989. Sep. 12〜Oct.1 仙台 I.Q150スタジオ 19ステージ
1990. Jul. 5〜22 仙台 I.Q150スタジオ 15ステージ
Sep. 14〜16 東京 渋谷ジャン・ジャン 5ステージ
22〜23 福島 三春・游彷陶房 2ステージ
29〜30 山形 寒河江映画劇場 2ステージ
Oct. 6〜7 岩手 盛岡・中三AUNホール 2ステージ
19〜21 仙台 エルパーク仙台 スタジオホール 5ステージ
1991. Mar. 15 東京 パルテノン多摩小ホール 1ステージ
Aug. 11〜14 東京 新宿タイニイ・アリス 4ステージ
22〜23 仙台 ビーブ BF ベースメントシアター 2ステージ